2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.09 (Sun)

名古屋国際マラソンに思う

昨夜の会見で「玉手箱を開ける前のドキドキした気持ち」と、一年四ヶ月ぶりのレースへの抱負を語ったQちゃんこと「高橋尚子」が今日の名古屋国際女子マラソンでまさかの27位に終った。
レース後、昨年八月に膝の手術をしたことを明かしたものの、35歳の年齢を考えれば明らかに冒険に過ぎた感がある。
オリンピックは確かに一大イベントに違いなく、数々の栄冠に輝いた「Qちゃん」の復活を内心は応援しつつも私の予感は的中してしまった。
昨夜行われた「WBCフライ級タイトルマッチ」でも、辛うじて引き分けで王座を守った「内藤大助」もすでに32歳。根っきりはっきりの勝利であった。
スポーツは「参加することに意義がある」と良く言われるが、一流の華々しい選手ほど引き際を誤ってほしくないと私は思う。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:24  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.26 (Mon)

さよなら ヒルマン

20071126205021.jpg

日ハムファイターズの前監督、「トレイ・ヒルマン」が北海道を去った。

一昨日は2年連続の優勝パレードが行われ、多くの道民が祝福ムードに酔った
続いて昨日は札幌ドームで「日ハムファンフェスティバル」が開催され、四万人の観衆と道民はヒルマン監督との最後の別れを惜しんだ。

思えば、日ハムの監督に就任して僅か5年の間に、二回のリーグ優勝と一回は日本一に導いた功績は計り知れなく大きい。
しかし、それ以上に彼の残した大きな功績は「ファンに対する優しさ」のひと言に尽きる。
勝負師とはまるで縁遠い、あの穏やかな表情と眼差しでどれほどの道民が「勇気」「希望」を得られたことか。
最後の挨拶で彼は「必ず北海道に帰ってきます。間違いない」といって私たちを喜ばせたが、子育ても一段落したそのときは必ず戻って来てくれると私は確信したい。

さよなら ヒルマン そしてありがとう ヒルマン

EDIT  |  21:51  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.09.09 (Sun)

弘山晴美の走りに拍手 !!

20070909214847.jpg

台風一過の今日は晴天に恵まれて恒例の「北海道マラソン」が行われた。
私の今日のお目当ては39歳の「弘山晴美」の走り。
マラソンでは取り立てて輝かしい成績を残してはいる訳ではないが、かっては「トラックの女王」として三回連続オリンピックに出場するなど、20年近くも第一線で走り続ける「名ランナー」である。
今日の走りも堅実そのもの。遠征疲れを克服して堂々の3位に入賞し、札幌のファンを魅了した走りは感動ものであった。
北海道マラソンといえば、かっては有森裕子、増田明美、谷川真理、千葉真子など有名ランナーが参加する大会として知られているが、そのランナーを真近で見れる数少ないチャンスでもある。
EDIT  |  22:10  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.05 (Tue)

破竹の12連勝・球団新記録 !!

やったぜ、日ハムファイターズ !!
恐怖の軽量打線で交流戦負け無し10連勝を含め12連勝を達成 !!

なんとホームランはリーグ最小の30本で長打力に欠けながらも、ここぞの場面で足を絡めながら得点を挙げる野球が板についてきた。
小笠原が、新庄が抜けた今年は札幌ドームでの入りも心配されたが、どっこい、土、日は四万二千人の大入り満員。北海道の日ハムファンも捨てたものではない。
今季は小谷野など新しい戦力も加わったが、ダルビッシュなどピッチャー陣の頑張りも見逃せない。中でも私のごひいきは「マイケル投手」
あの思案げな構えから投げ込む「フォークボール」はまさに芸術品である

さてさて今夜の勝利で二位に浮上。いよいよ日ハムの季節到来だ
EDIT  |  21:50  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.10.27 (Fri)

10.26 感動の日本シリーズ最終章

20061027221142.jpg

シンジラレナ~イ !! 日ハム対中日の日本シリーズは、4勝1敗で日ハムが圧勝した。

テレビのニュースなどでもちきりなので多くを語らないが、やはり「新庄 剛選手」を抜きにしてこの「優勝」は語れない。
日ハムにきて三年目、アキレス腱の故障などで満身創痍のなか、最後まで笑顔を絶やさず「日本一の夢」を叶えたこの男はやはり「凄い」

最後の打席は万感こみ上げ「涙の三振」に終ったが爽やかに現役を終えた。来年の動向が注目されるが「新庄らしさ」があればそれでいい

来季といえば、「小笠原選手」や「岡島選手」がFA宣言で移籍の可能性がある。それも注目だが、それより気になるのがヒルマン監督の去就である。
一部の新聞には、米大リーグレンジャーズの次期監督として面談の用意があると報道した。過去にヒルマン監督は「レンジャーズにかかわる仕事をしたい」と述べ、米球界復帰に熱意があると言われており、「日本一」を置き土産に「日ハム監督辞退」も十分あり得る。 そんなことにならぬよう祈るのみである。

「トレイ・ヒルマン」「新庄 剛」、この二人が北海道を熱くした。高校野球の駒大苫小牧の活躍と相まって北海道に「あきらめない」を植えつけた功績は計り知れない。

「新庄劇場」の終焉とともに、北海道の秋は深まってゆく。
EDIT  |  21:12  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.10.25 (Wed)

活躍の予感 ! 森本 稀哲

プロ野球日本シリーズもたけなわ。
レギュラーシーズン3位以内のときは「熱烈日ハムファン」の私、昨今ブログの更新もままならない日が続いている。

さて、このシリーズ、私の予想では4勝2敗で日ハムの優勝と周囲に公言しているが、成るかな、昨日まで二勝一敗で俄然優位に立っている。

そして今夜も日ハムが勝ちます
活躍する選手は、調子の戻ってきた「小笠原選手」と元気溌剌な「森本 稀哲選手」と読みましたが、いかに。この「森本選手」の名前がまた面白い・・失礼、大変珍しい。
「稀哲」と書いて「ひちょり」と読むんです。なんでも、焼肉屋経営のお父さんが韓国人と知り納得。

この選手、打撃センスも非凡なのだが、日ハムの中でも陽気なパフォーマンスで観客を沸かせるのがいいんです。ただ、新庄選手が引退したあとが少し心配。あの「ひちょり選手」のパフォーマンスは「一人」では浮いてしまい兼ねないんです。

さあ、いま三回裏日ハムの攻撃で一点先制しました。
「森本 ひちょり選手」の打球の「飛距離」に期待するとしよう。

EDIT  |  19:32  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.10.10 (Tue)

パ・リーグ明日から南北対決 !!

やっぱり来た来た「福岡ソフトバンクホークス」

パ・リーグもいよいよ佳境へ突入する
第一ステージは私の予想通り「ソフトバンク」が西武を破り第二ステージへ駒を進めてきた。
明日から日ハムの本拠地「札幌ドーム」で雌雄を決する戦いが始まる。

そこで私の「勝敗予想」を大公開しようと思う。
もともとレギュラーシーズン1位の日ハムには1勝のアドバンテージがあり、4戦のうち日ハムが2勝すれば優勝が決まる。

<第一戦> 今年ソフトバンクに自責点ゼロの「ダルビッシュ」の先発が決定的。ダルビッシュの快刀乱麻で日ハム先勝 !!
<第二戦> 今年、新人王が確定的な「八木投手」が先発するもソフトバンクの打線が爆発して一勝一敗に !!
<第三戦> 福岡に場所を移しソフトバンクが優位に戦いを進めたいところだが、日ハムはなんと二軍から昇格したばかりの「江尻投手」を起用、150㌔超の速球に手も足も出ずソフトバンク敗退、ここで日ハムの優勝が決定。

これ、独断と偏見での予想だが、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というところでご容赦の程を・・・。

EDIT  |  22:18  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.10.09 (Mon)

日ハム対日ハム ? 観戦

20061009102251.jpg

観衆3万427人 昨日行われた、北海道日ハムファイターズ紅白戦が無料公開された。肌寒い気候にも関わらず「日本一」に向けてファンの熱い応援はとどまるところを知らない。
かく言う私もその中の一人。
試合は5対2でレギュラーチームが負け、あれれ・・大丈夫、って感じでしたが、試合終了後はベースランニング競走あり、ホームラン競走ありで公式戦とは一味違う面白さを満喫してきた。今年で引退を表明している「新庄選手」もしっかり目に焼き付けてきましたし・・・。
20061009102346.jpg

途中会場をどっと湧かせたのがこの場面
サービス精神旺盛な札幌ドームが粋な計らいで、再三「西武対ソフトバンク」戦の経過を表示したときのこと。

これで今日の結果次第で日ハムの対戦相手が決まることになるが、西武がきて「松坂」とだけは対戦したくないのが日ハムの本音。
よって、日ハムファンの大方は今日までは「ソフトバンク」の熱烈ファンなんです。

EDIT  |  12:17  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.09.26 (Tue)

北海道が日本で一番熱い ?

日ハムのホームグランド「札幌ドーム」は熱狂のるつぼと化している

パリーグはあと2~3試合を残して上位3チームが熾烈な優勝争い
今夜はかっての王者ソフトバンクを迎え今八回の表、8対ゼロで日ハムが大量リード。もう一つの雄西武が敗戦濃厚なため今夜で日ハムは暫定1位に躍り出る

日ハムが札幌に本拠を移して三年目。
「北海道を日本で一番熱いところにしたい」と小笠原選手が二年前に言った言葉が現実に近づいてきた。

今日も月曜日にかかわらず札幌ドームは四万人以上の超満員 !!

あ、いまゲームが終了して日ハムの2位以上が確定しました。
これでプレーオフも札幌ドームでの開催が決定。なんとしても切符を手に入れ応援に駆けつけたいと思っているが、さて叶うかどうか
EDIT  |  21:14  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.08.30 (Wed)

僅か五十五人の決断 !!

16年夏季五輪の国内立候補都市は東京に決定 !!

福岡東京。熾烈な誘致合戦を繰り広げていた十年後のオリンピック候補地が今日決定した。

<それは東京>

内心関心をもって見守っていものの、この決定には少々異議あり・・である
第一、東京は1964年にも開催されていて選ばれれば二回目ではないか。
第二、どんなに権威がある組織か知らないが、日本オリンピック委員会といっても僅か五十五人で決めてよいものか

これだから日本は、「大都市優先主義」とか「地方切捨て」とか言われる所以なのである。
立地上の問題やら競技施設の諸問題はあるにせよ、そこは補い合ってこそ日本各地に豊かさが行き亘るというものではないのか。

札幌は残念ながら財政上の理由で立候補は取り下げたが、これも市民の大方の意見を聞いた上で札幌市長が決断した。
日本中が関心を持っていたこの案件、果たして国民や有識者の意見は僅かでも反映しているのかまったく疑問だ

EDIT  |  21:17  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。