2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.12 (Sat)

いよいよ1リットル120円を切る店も

TKY200804010137.jpg

今月二回目の給油でスタンドへ行ってビックリ!!
1リットル155円だったガソリンの価格が暫定税の廃止以降じりじり下がり始め、今日ついに120円代に突入した。
なんと最高値からだと35円もの値下げなのだが、「あれ、暫定税分は1リットル25円ではなかったっけ・・・?」という嬉しい誤算もあったりする。

車を満タンにすると今迄より1500円程度も安くなるとあって、ついつい遠乗りもしたくなるというものだが、今月末には元に戻ってしまう可能性もあり、なんとも不安定な世の中ではある。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:15  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.04.01 (Tue)

ガソリン暫定税率期限切れ

PK2008040102199961_size0.jpg

新年度が始まった今日、ガソリンの暫定税率の廃止によりガソリンスタンドの多くは20円~25円の値下げに踏み切った。
食品を始めとして物価がじわりと上がっている中、身近なガソリンの値下げは毎月二万円以上も消費する私にとっても大きな節約につながる。
が、政府自民党は今月末にも「天下の宝刀=衆議院の三分の二以上賛成での再可決」をすでに発表、五月からガソリンの値段は元に戻る可能性が大きい。

暫定税率が廃止されれば年間二兆円規模の税収不足がいわれている。国も地方も予算に大きな穴が空くことも明らかだ。
が、そもそも「暫定」といいながら三十四年もの長い間永延と庶民から取り続けたこの税金にこそ大きな問題がある。
半恒久的に大きな金が動くことによって、そこには利権が生まれ、大きな無駄使いが生じているのは周知の通りであり、ここは一旦廃止し、改めて税金の有り方を与党、野党問わず議論する時期にきている。
また私たち国民も常に関心をもって「国民の代表でなる国会」を注視する必要があるのではないか。


EDIT  |  12:26  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.02.03 (Sun)

寒中お見舞い申し上げます

今日2月3日は節分の日。街中では「豆まき」やら、誰が考えたのか「恵方巻き」がどうだのと賑わしい。
我が家は「縁起」をかつぐ家系ではないので「豆まき」もしないし、「恵方巻き」を買ってはきても「南南東」を向いて食べることもないし「一本まるごと」かぶりつくこともない。
そんな私だが、先日紹介した「ジュセリーノ・ダ・ルースの予知夢」はなぜか大変関心がある。

手始めとして、本文では紹介し切れなかったが「2008年1月末に東京一帯で大雪になり交通機関に大きな影響がでる」というのがあった。
3日遅れではあるが、今日東京一帯は稀に見る大雪に見舞われ、空陸ともに交通機関は大変なマヒ状態に陥った。はからずも彼の予言は「的中」したことになる。

このあとの大きな予言として「7月18日・フィリピンでM8.1の大地震が発生し、数千人が死亡する」というのがある。
この予言は当たらないことを祈るばかりだが、固唾を呑んで見守るだけではなく、何らかの対策を考えるのも無駄なことではない

EDIT  |  21:36  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.01.13 (Sun)

ジュセリーノ・ダ・ルースの驚愕の未来ノート

51wmYuFEP9L__SS400_.jpg

ジュセリーノ・ダ・ルースが今現在予言していること

[2007年12月31日が人類が過ちに気づく最後のタイムリミット]
[2008年 ついにエイズワクチンが誕生。マットグローソ州にあるルアナーと言う薬草から開発されます]
[2008年 アフリカで数千人が水不足で死亡]
[2008年7月18日 フィリピンでM8.1の大地震が発生し、数千人が死亡する]
[2008年8月8日 中国で北京オリンピックが中止になる]
[2009年1月25日、震度8,9(Richter)の大地震が大阪で50万人死亡]
[2010年 アフリカでは気温が58度まで達して水不足がピークに]
[2010年6月15日、ニューヨーク株式取引所の崩壊]
[2011年2月17日 アフガニスタンで地震]
[2011年 鳥インフルエンザが人間へ感染して8千万人が死亡]
[2012年 黒い煙の時代,12月6日から気温や疫病が増大、人類の滅亡が始まる]
[2012年 インドネシアでクラカトアー火山が噴火する]
[2013年11月25日、カナリア諸島で大津波が襲う数千人が死亡]
[2013年11月1日 から25日にアメリカのイエローストン火山が噴火、灰がカンサス、ネブラスカ、リビンストンその他。150メートルの津波。最後に噴火したのは7万年前、もしまた噴火すれば新しい氷河の時代が誕生する。地球で安全な場所は14ヵ所しか残らない、その内1ヶ所がカナダ、1ヶ所がアジア、12ヶ所がブラジル]
[2015年、ポルトガルやイギリスで干ばつ、フランスやスペインに急増する、2015年4月22日にもっと激しくなる]
[2023年2月9日、震度8,9度の地震がアメリカ、サンフランシスコで起きる]
[2026年7月17日 ザービッグワンと言う名の大地震がサンフランシスコで起きてカリフォルニアを破壊。震度10.8度の過去最大の地震]
[2029年4月13日、アポフィス小惑星が地球の近くを通る]
[2036年11月11日、再び同じアポフィス小惑星が地球に接近、80%衝突の可能性、地球破壊のピーク]
[2043年、人類滅亡]

予言は占いに似ていて、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」とも言えるが、この大胆な予言を世の人たちはどのように受け止めるのだろうか
EDIT  |  10:32  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2008.01.07 (Mon)

驚異の予言者・ジュセリーノ・ダ・ルース

01-04.jpg

昨年末のテレビ特番でも放送され話題になった「ジュセリーノ・ダ・ルース」という予言者について調べてみた。
生まれはブラジル・パラマ州マリンガ。本業は高校で英語を教える教師で、妻と三人の子供がいるまじめなキリスト教信者。ここまではごく普通の人なのだがここからが違う。
九歳の頃から、見る夢が現実に起こるようになる。なんと、未来を予知できる「予知夢」の能力を発揮し始めたのである。

これまで的中した予言の一部を挙げてみると 
 [9・11同時多発テロとイラク戦争、サダム・フセインの所在情報]
 [スマトラ沖大地震とインド洋の津波 ]
 [チェルノブイリ原発事故]
 [オウム真理教による東京地下鉄サリン事件]
 [ダイアナ妃暗殺事件]
 [プレスリー、ビージーズ、ビートルズメンバーらの事故・病気・死亡]
 [アイルトン・セナの事故(殺人だったとしている)]
 [ブラジルのサッカー優勝と敗退]
などなど。
昨年12月20日のテレビ特番では「予言の的中率は90%」と報じられるなど、いま話題騒然なのである。
その「予知夢」はいまも未来を予言し続けている・・・次回に続く。

EDIT  |  22:16  |  巷のニュース  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.11.19 (Mon)

笑えない本当の話!!

道内で、このところのガソリンの値上げにより「思わぬトラブル」が多発しているという。なぜ
200605011701.jpg

いま、道内でレギュラーガソリンの価格は1ℓ148円程度。一時より30円ほど高いとあって、少しでも安い店へ行きたくなるのも人情である。
一般のスタンドより安いといえば「セルフ式スタンド」!!
当然自分で給油するぶん3円程度安いのだが、ここで笑えない問題は発生する。

なんと、自分の車は軽自動車なので「軽油を入れる人」が多発しているというのだ。中には「一番安い燃料を・・」といって軽油を入れる人もいるとか。
軽油はガソリンに比べ1ℓあたり20円は安く、気持ちは分らないでもないが、ガソリン車に軽油を入れては車は走らない。
こんな常識を知らずに車の運転をするのも恐い話だが、その内、ガソリンを水で割って走ろうとする人が出てもおかしくないかも・・・。

EDIT  |  21:27  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.10.25 (Thu)

まさにこの世のパラダイス ?

“円天”は「円天受取保証金」制度を活用して取得することができます。
10万円以上の現金を円天受取保証金としてL&Gに1年間預けると、同額の円天が受け取れます。
円天受取保証金は自動継続制度のため、毎年預けた金額と同額の円天を受け取ることができますが、満期日1ヶ月前までにお申し出いただければ、預けた金額は返還いたします。(円天ホームページから抜粋)

これ、いま話題の「L&G社」の触れ込みです
驚くのは、預けた金額と同額の「円天」を毎年受け取ることが出来ること、さらにその「円天」は「円天市場」で尽きるまで買い物が出来ること・・・さらにさらに、預けた現金はいつでも返還されるということ。
つまり簡単に言うと、預けたお金は一円も減らさずに、毎年タダで買い物ができてしまうという「夢のシステム」なのです。

こんな旨い話、私には到底信じがたいことだが、全国に四万六千人の会員がいると聞いて二度ビックリ !!
現金の返還が滞って始めて詐欺まがいの商法と気がつき、まさに「後の祭り」とはこのことである。
人は悲しいかな「欲」から逃れることは至難の業ということか

EDIT  |  22:11  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.09.28 (Fri)

私をどうぞ抱いて下さい!

何気に見ていたテレビのニュースでのこと。
段ボールなどに「FREE・HUGS」と書いたプラカードを掲げて街頭に立っている若い人たちの姿が・・・
と、近くを通りすがりの人が、にこにこしながらカードを持った人に抱きついていくではないか・・・
始めは何が起きているかまったく理解できなかったが、これが東京あたりではやり始めた「フリー・ハグ」というものらしい。
さっそくネットで検索すると、2004年頃オーストラリアが発祥の地で、今では香港や東京などアジアにも広がりつつある運動だという。

目的は、「街で見知らぬ人と抱擁し会うことで、苦しみを和らげ、楽しさや幸せを分かち合うこと」とのこと。
当然見返りを求めることはなく、ただただ心ゆくまで「抱擁し合うだけ」なのだが、これが見ていてなぜかジーンと熱いものを感ずるのはなぜだろう。

現代は人間関係が稀薄といわれる中、このようなひと時の行動が「人と人」をつなぐ手掛かりになるかも知れない。
EDIT  |  22:30  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.18 (Sat)

生まれ変わるなら男?女?

あるインターネット調査による興味あるニュースから。

問いは・・・「もし生まれ変わるとしたら、あなたは男がいい女がいい
回答は・・・
全体では「男」と答えた人が55.5%で「女」と答えた人の44.1%を上回った。
男女別にみると、男性では「男」が81.9%、「女」が18.1%。女性では「男」が28.7%、「女」は70.6%。性別を変えたいと思う人の割合は女性のほうが高いことが分かった。

「男」と答えた人の理由は「まだまだ社会は男社会」「社会生活で男のほうが傷害が少ない」「同じように働いても給料が安い」などなど。
一方、「女」と答えた人の理由は「男は一生働き続けるのが大変」「可愛い人に生まれたら楽しそう」「子供を生める幸福感は女だけ」「女のほうが長生きで楽しそう」なのだとか。

もし自分が問われたら迷うところで、直感的には「男」と答えるかもしれないが、心理的には人はすべて「女」であったらとも思う。
私は常に、仮にこの世の中に「男」が存在しなければ世界中に「戦争」など起こりえないと考えている。
「領土」や「信仰」「女」「権利」などすべてにおいて「闘争心」が旺盛な「男」は私自身あまり好ましい生き物とはいえない。
EDIT  |  21:55  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.08.16 (Thu)

日本炎上 ?

amedas-temp-japan-20070816140000.jpg

16日午後、岐阜県多治見市と埼玉の熊谷市で日本観測史上最高の気温40.9度を記録した。なんと74年ぶりの記録更新だとか。
それにしても日本国中の猛暑はなんとしたことだろう?
札幌もご多分に漏れず、昨日まで四日連続三十三度以上は八十三年ぶりの記録。まさに炎上寸前のすさまじさである

ものの雑誌によると、この現象はなにも地球だけのものではなく、火星の地下に潜んでいる氷の溶解が始まっているとの記事も・・・。
宇宙規模での温暖化が進んでいるとの説はあながち外れているとも言えないかも・・・
EDIT  |  19:06  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。