2005年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.09.29 (Thu)

日本の将来を憂う

☆peaceplusocean☆さんの大変詳細で貴重な情報に、深刻な状況であることに憂いを感ずる。
特に失業率は最近少し改善したとはいえ、「完全失業率」は全国平均で4.4%。我が北海道は5.8%、沖縄に至っては7.6%、高止まりで維持していることだけでも異常事態である

そして更に深刻なのは、いま問題の「ニート」の増加であろう。
ニートはご存知の通り、働く意思のない人々のことらしいが、この人達の数は「完全失業率」にカウントされてはいない。
つまり、働く意思のない人々は「完全失業者」とは言わないのだそうだ。

つい最近の情報によると、「完全失業者」に「ニート」を合算すると6%に達するとの試算もある。

この人々は当然「税金」も「年金」も納める境遇にはない訳で、つまり将来無年金者が激増すると予想され、日本の将来は決して明るいものではない

私は先程民主党で募集した「政策公募」に一つの案を提出した。
今の日本の会社や商店は「不景気」と「効率化」を理由に正社員を雇わず、パートやアルバイトを無制限に採用している。
このことも将来無年金者が増える最大要因になるので、パートやアルバイトの「採用枠を規制」するべきではという内容の応募をしたのである。

焼け石に水と分かっていても、何もしないでいられぬ今日この頃である


スポンサーサイト
EDIT  |  22:52  |  政治経済  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.28 (Wed)

厄介で複雑な関係

北海道と言えば、広大な土地、広大な土地と言えば森林、森林と言えば動物、北海道の動物と言えば熊・・・。

そうです。
北海道には野生の熊や鹿、狐や狸が今も生息しています。
そして、
日ハムファイターズのキャラクターにもなっている「ヒグマ」が今年も札幌郊外で出没情報が相次いでいる。
山に餌が不足しているとも、熊そのものが増えたせいとも、熊が人里に慣れたせいとも言われている。

動物愛好家は良く「人間と動物の共存」を口にするが、畑を荒らされる農家の方々は、たまったものではないだろう・・と思う。

世界遺産になって更に有名になった「知床」あたりでは、鹿が突然道路に飛び出し事故になることがままある。
狐が車のすぐそばまで来て、餌をおねだりするのも珍しくない。

動物にとって人間は「厄介」な存在かもしれないが、人間にとっても動物はなかなか「複雑」な存在ではある。

EDIT  |  22:28  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.26 (Mon)

当ったり前の話

防衛庁よ、お前もか!!と、言いたくなるようなニュースが報じられている

「退職金かさ上げ」と言って、定年自衛官が退職時に一階級昇任させ、退職金を増額する「特別昇任制度」なるものがあり、今回廃止にする方針と言う。
当ったり前だろう!!・・・と自衛官以外の人は言うことだろう。

一般の人が分からないところで、こんな「お手盛り」を続けているから日本は「役人天国」と揶揄されるのである。
北海道警察の「裏金問題」もしかり、一般の民間人が生きるか死ぬかの厳しいこの時代、あまたの公務員の優遇ぶりには目に余るものがある

この制度の廃止による経費削減は十七億円に上るという。
小泉首相は「郵政改革」のあとは「公務員改革」も断行すると約束した。
公務員の数も減らし、給料も減額すると約束した。
その積み重ねが実は莫大な経費節減に繋がるのであり、国民はしっかりと「監視」することを忘れてはならない

話は突然変わって、先週の金曜から土曜にかけ一年に一度の職場の「厚生慰安旅行」に行ってきた。
と、いっても札幌から一時間少々で行ける支笏湖畔の「丸駒温泉」へ。
が、ここはチョッとした「湖畔の秘湯」といった趣。

まったりとした温泉に浸かり、旨いもの食って、久しぶりのカラオケでストレスを発散、つかの間の贅沢を満喫・・・という感じでした。

EDIT  |  21:13  |  政治経済  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.25 (Sun)

世の中ままならず

今日は日曜日、秋場所の千秋楽でもあった。
私はこのところ大相撲にはほとんど興味はないが、琴欧州の大活躍で今場所は少し盛り上がり、後半は少々気にかけていた。

結果は優勝決定戦で惜しくも朝青龍に破れ、結局強い横綱が順当に優勝した。
で・・だ
日本人はどうなっているんだと言いたい!!
朝青龍はモンゴル、琴欧州はブルガリアの出身、番付表を見て更にびっくり。
四十二人中十一人が外国人関取ではないか。

これはもう「日本の国技」とは言いがたい・・・と思う。
このまま行けば、4~5年後には関取の半分は外国人となるだろう。
外国人も活躍するのは好ましいと思うが、日本人の不甲斐なさばかりが目立つ相撲界ではある。

今日はもう一つ文句を言いたいことがある

我が北海道の「日ハムファイターズ」よ、なんでプレーオフ進出が絶たれてから4連勝なんだ
そんな力があるんなら、もっと早くに発揮しとけよ・・・と、一言だけ言わせて欲しい・・・そんな心境である。

いずれにしても、「世の中思うように行かない」と言うことか


EDIT  |  22:11  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.23 (Fri)

巨人、来期へ動く

巨人軍、原辰徳に監督要請か?

今朝の新聞に早々と次期巨人監督のニュースである。
現監督の堀内は任期をあと一年残しているものの、今の巨人の体たらくを見るにつけ、交代はやむなしだろう。

私はプロ野球に熱狂的ではないが、それにしても「巨人、大鵬、玉子焼き」の時代を生きてきた私としては「巨人」は強くなければ面白くない。
だいいち、今の巨人は監督を含め選手も暗すぎる
そして一番不振の原因は、桑田や清原ら、名前だけビックな選手に今も頼っていることだ

来期から出直しを図るのであれば、桑田も清原もここはお引取り頂いて若い選手に活躍の場を与え、ともかくスターを育てるのが先決だろう。

巨人に今欠けているのは、「若さと明るさだ!」・・・と思う。



EDIT  |  09:06  |  スポーツ  |  TB(3)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.22 (Thu)

今年も来た

北海道の最高峰、旭岳に降りました・・・雪が。

標高2290メートルの大雪連峰「旭岳」に初雪が降ったとのニュースが流れた
これでも平年より三日早いだけ。
思えば、私がこのブログを始めた5月始めの大雪連峰はまだまだ雪の中、雪のない時期は僅か四ヶ月程度のもの、道産子の私でさえ驚きだ

明日は「秋分の日」とか。
札幌の日没も早まり、夕方五時半を過ぎるとほとんどの車はライトを照らす。

こんなことを綴っているうちに一年が過ぎ去ってゆく・・・。

EDIT  |  23:12  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.21 (Wed)

続~小樽へ

20050921211903.jpg

おととい小樽へ行ったときの写真を追加でアップしました。
ここは「石原裕次郎記念館」の屋上から眺めたヨットハーバーです。
古い町並みの小樽ですが、こんな洒落た風景もあるんです。

20050921212134.jpg

この建物は何だと思います ?
あまり知られてませんが、過去に有名タレントの「ビ○ト た○し」さんが別荘として所有していた建物です。
今は貸し別荘となっているようですが、ここは小樽郊外にあります。


EDIT  |  21:34  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.20 (Tue)

学習のとき

政界があわただしくなってきた。
選挙後の週刊誌はどの雑誌も「小泉独裁政治の始まり」とか「小泉大統領には誰も逆らえない」などの大見出しが踊っている

更に複数の大物議員が「増税」を匂わすなど、私の予想通り自民党は早くも「本性」を現し始めた。
これが大勝したものの「おごり」の始まりであろう

今夕のNHKの世論調査によると、自民党は勝ちすぎと答えた人は約半数にのぼり、民主党は減りすぎと答えた人は57%に達した

ちなみに、ドイツでも総選挙が行われ、与党と保守系野党の差は僅か三議席、結果どちらも過半数に満たない接戦となったそうな。
事情は違うにせよ、ドイツ国民はどちらにも大勝させない巧みな「バランス感覚」を持ち合わせていると言えよう。

日本人は今回の選挙で「学習」するべきである。
交代可能な二大政党ができて初めて日本の政治が健全化されることを知らなければならない。

EDIT  |  20:10  |  政治経済  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.19 (Mon)

運河の街小樽へ

20050919193938.jpg

三連休最後の今日は私のフリーな一日。
私の好きな「小樽」へちょっとドライブに。
先ずは「小樽運河」を散策、好天もあり結構な人出、相変わらず中国や韓国の外国の観光客も多く、賑わっている様子。

そのあと近くの市立小樽美術館で「宮川たかし」の絵を堪能、絵画はいつも私の「心の栄養補給」となってくれる。

20050919193955.jpg

写真は昼食を摂ったレストランの窓からの眺め。
珈琲を飲みながら「無のひと時」・・・。

女性店員の方に尋ねると、この建物は最初「北海道拓殖銀行」に始まり、その後ホテルや美術館に変わり、現在はホテル兼レストランとして営業中とのこと。
石造りの建物は重厚そのものであり、小樽にはまだ数多く残されていて歴史を感ずる一瞬でもある。
EDIT  |  20:59  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.18 (Sun)

秋の月

今日は「中秋の名月」です。

いま、札幌の空は雲が多く、まさに「おぼろ月夜」の風情。

誰もいない夜の公園で、想うは遠き日の思い出・・・。

月も移ろい、人の心も移ろう秋・・・秋・・・




EDIT  |  22:49  |  季節の話題  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.09.14 (Wed)

静かな夜

今日の札幌は最高気温十六度、一気に秋の気配が漂い始めた。

敬老の日が近いことで関連ニュースが目立つ。
今日は、札幌市で百歳を超えた人の数が三百人突破のニュース!
内訳は、男五十二人、女二百五十九人、計三百十一人

ちくしょう! なんて「不公平」な・・・。
神は「男」に恨みでもあるのかな・・・(^^♪

テレビを見る気にもならず、一人こんなことを呟きながらパソコンに向かっている私を、後ろから息子がチラチラ覗いている。

とくに変わったこともなく、ま~平和な夜だな


EDIT  |  22:41  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.13 (Tue)

失恋のごとき

今まで経験しなかった「後味の悪い」衆議院選挙が終った。

人の「非情」を限りなく感じたこの一ヶ月であった。
人と人の繋がりは、これ程もろいものかを嫌というほど見せ付けられた一ヶ月でもあった。
そして私の中では勝つ筈のない自民党は見事に圧勝した。

私は現状には飽き足らず、いつも変革を求めてきた。
求めているものが、手の届く所まで来ていながら届かないこのもどかしさ・・・。

あえて今の心境を表せば「失恋」に似ている。

しかしそろそろ頭の切り替えが必要だな。

理想と現実はいつも隔たりが大きいのだから・・・



EDIT  |  21:11  |  政治経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.12 (Mon)

結果は国民の敗北!

「小泉自民 歴史的圧勝!」 「郵政」で一点突破!

常日頃、「政権交代」を熱望していた私にとって、これはまさに「驚天動地」の出来事である
結論から言うと、この結果は「野党」または「民主党」が負けたのではなく、「国民」「自民党」に負けたのだと言わざるを得ない

自民党の戦略は実に巧みであった。
争点を「郵政民営化」一本に絞って、「民営化賛成=改革推進」を巧みに演出し、無党派層を引き付けた
しかし驚くことに、今朝のテレビでは、民営化に賛成して自民党を応援した無党派層の実に七割は「郵政民営化」の中身は分からないと答えている。
つまり分からないながらも、いつのまにか小泉純一郎の「純風」にまんまと乗せられてしまったのが実態であろう。

さらに某テレビでは、今回の選挙結果をみて、「日本の有権者は政治に対し熟成していない」と断ずるコメンテーターがいた。
私もその意見に共感する。
選挙は政策で競うものであって、決して一時的なパフォーマンスで判断するものではないからだ。

「自由民主党」が「不自由民主党」へ変質し、更に「小泉党」へと化した今、非常に危険な香りが漂う
今までもそうであったように、「大企業」と「経済界」優先の政治は加速するであろう。
更に財政改革と称し「年金」「医療」「福祉」は抑圧され、追い討ちをかけるように「増税」が待ち構えている。
すでに今日のテレビインタビューで自民党のあの女性刺客、「さとうゆかり」議員が増税することを表明した。

選挙期間中は「増税」を問われると「財政改革」と言って焦点をぼかし、「郵政民営化」を公務員経費削減といってごまかす。
これが自民党の「正体」であり、「常とう手段」と言うことを忘れてはならない。

しかし国民はあえて「小泉党」を選択した。

従って国民はこれから来るであろう「改革と言う名の痛み」を甘んじて受ける運命にある。
EDIT  |  19:43  |  政治経済  |  TB(1)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.09.11 (Sun)

国民の良識を期待

たった今、衆議院選挙の投票に行ってきました。

選挙戦の熾烈な戦いが終って、今日の札幌は快晴!
まさに選挙日和!
私の投票の判断基準は一にも二にも、今後の日本のあり方を真剣に見据えている政党を勝利させることに尽きる。

世論調査では「郵政民営化」一本の政策論争に持ち込んだ「自民党」が圧勝との見方が支配している。
しかし、世論調査そのものを疑問視する専門家もいる。
なぜなら、昼間行う調査は、老人や主婦の回答が多く、働いている若者など勤労者の回答が極端に少ないからだと言う。

ならば世論調査を覆す結果も大いに期待できると言うものだ
今の日本は色んな意味で閉塞感が充満している
しかし、諦めることは最低の選択だと私は思う。

皆が安心して暮らせる世の中にするためには、今は「政権交代」しか考えられない。
世論調査に惑わされず、国民が

「良識の判断」
を下すことを私は切望せずにいられない

今夜は寝不足になること請け合いだな。
EDIT  |  12:26  |  政治経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.09 (Fri)

沖縄とアジア

昨日の☆peaceplusocean☆さんの[沖縄]への思いについて考えてみた。

戦後六十年が経過しても、沖縄と言えば「米軍」が頭に浮かぶ。
「米軍」と言えば過去再三にわたる「暴行事件」や「航空機等の事故」を思い出す。
しかし、これはあってならないことだが、日本人すべてが今沖縄がおかれている状況を「自分と深く関わっている」と感じているだろうか?
これは私も含め、まったく疑問である

人は自分の身に降りかかる火の粉は払おうとするが、他人のことは見て見ぬふりをしないだろうか

☆peaceplusocean☆さんと交信出来たことを契機に、私も沖縄について少し認識を深めたいと思う。

予算でいえば、当時の金丸防衛庁長官が導入した「思いやり予算」に始まり、現在は米軍駐留費用の実に七十六%、年間四千六百億もの巨費を負担している
訳の分からない「日米地位協定」だの「特別協定」だのと名目をつけて、まさに米軍には至れり尽くせりの大盤振る舞いなのだ

米軍が撤退すれば、「日本の安全が保障されない」は一理ある。
日本の隣国には危険な小国「北朝鮮」があり、更に眠れる獅子と言われた大国「中国」が控えている。
しかし、かっての軍事大国「ソ連」の脅威がなくなった今、前記の二国との和解に成功すれば、四万七千人の沖縄「駐留米軍」は無用の長物となろう

「沖縄の痛み」「巨額な駐留経費」を考えたとき、北朝鮮、中国との「正常化」はもしかしたら「最優先課題」かもしれない。
選挙戦も終盤戦、まったくと言っていい程「論争」されないが、どこの党が政権を取るにしても「沖縄問題」「日本の問題」として、更に「アジアの問題」として昇華させなければならない


EDIT  |  21:51  |  政治経済  |  TB(1)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.09.08 (Thu)

衆議院選挙迫る

大型の「風台風」が日本列島を直撃し、特に九州南部の被害は甚大だった
不幸にも亡くなられた方々や、被災された方々には心からお見舞いを申し上げたい。
しかし台風の多発時期であり、すでに台風十五号も発生とのニュース!
再び災害のないことを祈るばかりである。

この大災害に「衆議院選挙」がすっかり「霞んで」しまった感がある
泣いても笑ってもあと三日で「日本の進路」が一応決まる訳で、今回の選挙は老いも若きも「自分」のために参加するべきであろう。

今までは得てして、選挙に行っても行かなくても「なにも変わらない」と考える人が多すぎた・・・ように思う。
しかし、いまそんな悠長なことを言っている場合ではない。
一人一人が「政治」「選挙」に関心を持って、「自分が世の中を変えてやる・・・」くらいの気概が必要ではないだろうか


EDIT  |  21:49  |  政治経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.06 (Tue)

悪夢の再来!

なんと!
昨年とまったく同じ日に、昨年と同じような大型台風が沖縄~北海道を縦断しょうとしている。
昨年北海道を直撃したのは久しぶりで、農業関係だけでも三百億円の被害をもたらした。
いま九州に猛威を振るっているが、それにしても昨年あたりから世界中がおかしい
アメリカのハリケーンしかり、地震も多発している、飛行機事故も頻発するし、まるで地球が呪われているような錯覚を覚える。

天災は避けることが出来ないとはいえ、もう少し防ぐ手立てはないのだろうか

私はあると思う。

世界中の皆が「生きる」ことをもっと真剣に考えれば・・・。
人を殺すための「核兵器」なんかやめればいい。
人を殺すための「戦闘機」「戦車」なんか要らない。
人を殺すための「銃」があるから殺人がエスカレートする。

これを止めるだけで、この「莫大な資金」でどれだけの人名が救われるかを考えるべきだ。
人はもっと「英知」があるはずなのに・・・。



EDIT  |  21:47  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.09.04 (Sun)

骨休め

20050904194407.jpg


昨日は久しぶりに自由な土曜日!
朝から「洞爺湖」へドライブに出かけた。
北海道もやっと涼しくなって、気温は二十二度程度、渋滞もなく快適なドライブ日和となった

札幌から百十キロほど走って「洞爺湖」着。
昼食を摂り、お土産を買い、しばし湖畔に佇み、四十キロ程の湖畔をゆっくり一周した後、湖畔のログハウス風の小さな温泉に浸かって一休み。
窓から湖畔を眺めつつ「至福のひと時」・・・

写真は温泉近くで見つけた、稲穂と道端の花。
今年の稲作は今のところ「やや良」で豊作の予感!
北海道の米「ななつぼし」は食感も良く、全国でも有数の「優良米」に選出されたので是非ご試食のほどを!


EDIT  |  20:59  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.09.03 (Sat)

今こそ政権交代の時

いや~驚きました!
☆junko spears☆さんも☆peaceplusocean ☆さんも政治についてこんなに熱い思いがあるとは・・
それから
☆louise05☆さんも貴重な情報ありがとうございます。早速お気に入りに加えさせて頂きました。

☆peaceplusocean☆さんの言われる通り、日本人はなぜか「政治」「宗教」は親しい間柄であるほど話しずらい「話題」のようで・・。
私も会社の同僚や親戚にはほとんど「禁句」ですね、特に宗教 は、なぜでしょう

さて本題に移ります。
実は、私がいま一番の関心事は「衆議院選挙」です。
で、結論から言いますと、私も「民主党」を応援してます。

その理由は次の通りです。
①自民党の一党支配が長すぎたゆえに、「政」「官」「業」の癒着が慢性化している。 
②その結果、政治家は業者に弱く
      官僚は政治家に弱く
      業者は官僚に弱い
この悪のしがらみに「金」と「欲」が絡んで政治が腐敗した。
③自民党の政治は、すべてにおいて大企業優先、またはアメリカ追従型政策であり、庶民にとってメリットは少ない。
④その例として、景気が回復していると謳っているが、庶民の所得は確実に低下していて、利益を上げているのは一部の大企業とその社員だけである。
⑤庶民をないがしろにしている最たる例は「年金」だろう。
国民年金は四割もの人が未納であり、これはすでに「破綻」してる。
今払っていない「未納者」は確実に将来「無年金者」になり、ひいては間違いなく「生活保護世帯」になるだろう。
これは年金だけの問題ではなく「国が破綻」することを意味する。
⑥自民党の「郵政改革解散」は小泉首相の面子を保つことだけに利用されている。
郵政の民営化は時間をかけてじっくり検討すればいい問題で、先になすべき問題は山積している。 
「年金問題」「少子化問題」「無駄遣い是正」「外交」などなど切羽詰まった懸案事項の枚挙にいとまがない。

まだまだ書き足りませんが、私の最も訴えたいことは・・。
日本の政治に「二大政党」が絶対に必要だと言うことです。
アメリカやイギリスがそうであるように、政権政党が失敗したら直ちに交代可能な「政党」が不可欠だと思う。

私は今の「民主党」が完璧とは思わないが、少なくとも今の「自爆自民党」よりは希望がもてると確信している。

追伸・・・。
私はこれまで「政治」に関してあまり主張しませんでしたが、☆junko spears☆さんや☆peaceplusocean☆さんと同意見と知り、意を強く持ちましたので私の思いを述べてみました。
EDIT  |  21:49  |  政治経済  |  TB(2)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.09.02 (Fri)

シンプルisベスト

20050902211440.jpg


早いものでもう九月となりました。

とは言っても、今日の札幌は最高気温三十度!
八月の最高温度の平均も平年に比べ一度以上も高かった。
これはもはや異常と言わざるを得ない
でも、今夜から涼しくなるとの天気予報にホッと一安心・・。

写真は我が家の裏に咲いていた「朝顔」のスナップ。
毎朝、四十~五十個の花をつけては、午後にはすぼむ「はかない」花たちです。
その「はかなさ」と清々しい佇まいが私は好きです。

ブログを初めて早や四ヶ月、ブログのタイトルも最初のような分かりやすいものに戻してみました。
「シンプルisベスト」ってやつですか。
またまたごひいきの程を・・・。



EDIT  |  21:48  |  季節の話題  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。