2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.12 (Sat)

いよいよ1リットル120円を切る店も

TKY200804010137.jpg

今月二回目の給油でスタンドへ行ってビックリ!!
1リットル155円だったガソリンの価格が暫定税の廃止以降じりじり下がり始め、今日ついに120円代に突入した。
なんと最高値からだと35円もの値下げなのだが、「あれ、暫定税分は1リットル25円ではなかったっけ・・・?」という嬉しい誤算もあったりする。

車を満タンにすると今迄より1500円程度も安くなるとあって、ついつい遠乗りもしたくなるというものだが、今月末には元に戻ってしまう可能性もあり、なんとも不安定な世の中ではある。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:15  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.04.06 (Sun)

久しく重厚な歴史大作

photo149941.jpg

見応えのある映画に出会えず久しい中、昨日公開の「モンゴル」は久しぶりに大作と呼ぶに相応しい映画である。
もともと「歴史もの」は最も好きなジャンルではあるが、一代であの広大なモンゴル帝国を築いた「チンギス・ハーン」の半生を日本の俳優「浅野忠信」が重厚に演じて見応え十分!!

難をいえば映画の後半、一匹狼的なチンギス・ハーンが一瞬にして「モンゴル帝国の王」になっているあたりだが、時間に制約があると解釈。数少ない戦闘シーンも凄まじい迫力!モンゴルの雄大な自然もふんだんに取り入れて圧巻の映像美!この監督がロシア人というのもまた面白い組み合わせ。
サイト情報によると二部、三部と「続編」も企画中とのこと、これは大いに期待したいところだ。

EDIT  |  22:30  |  映画の話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.04.03 (Thu)

ジェネリック、聞いてみました

ge_mark_silver_big.gif

私は、ここ十年前からチョッとした病で薬を欠かせない毎日を送っている。
三ヶ月に一回の病院通いも、今では日常の一部になってしまった感さえある。

さて、このところテレビや新聞でやたら広告を見かけるものに「ジェネレック医薬品」というのがある。なんでも、一般の先発医薬品と同じ成分、同じ効き目ながら価格は約半額というのがうたい文句である。
そんないいものがあるならと今回始めて調剤薬局で聞いてみたところ・・・答はなんと「うちではそれ置いてません!」とそっけない返事
よくよく聞いてみると、先発の薬とジェネリック医薬品の両方をストックするのが困難とのことらしい。

分からないでもないが、政府が医療費の削減を狙って後押ししている割にはこの「ジェネリック君」、まだまだ世に出るまで時間がかかりそうな気配である。

EDIT  |  20:35  |  私の日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.04.01 (Tue)

ガソリン暫定税率期限切れ

PK2008040102199961_size0.jpg

新年度が始まった今日、ガソリンの暫定税率の廃止によりガソリンスタンドの多くは20円~25円の値下げに踏み切った。
食品を始めとして物価がじわりと上がっている中、身近なガソリンの値下げは毎月二万円以上も消費する私にとっても大きな節約につながる。
が、政府自民党は今月末にも「天下の宝刀=衆議院の三分の二以上賛成での再可決」をすでに発表、五月からガソリンの値段は元に戻る可能性が大きい。

暫定税率が廃止されれば年間二兆円規模の税収不足がいわれている。国も地方も予算に大きな穴が空くことも明らかだ。
が、そもそも「暫定」といいながら三十四年もの長い間永延と庶民から取り続けたこの税金にこそ大きな問題がある。
半恒久的に大きな金が動くことによって、そこには利権が生まれ、大きな無駄使いが生じているのは周知の通りであり、ここは一旦廃止し、改めて税金の有り方を与党、野党問わず議論する時期にきている。
また私たち国民も常に関心をもって「国民の代表でなる国会」を注視する必要があるのではないか。


EDIT  |  12:26  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。