2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.05.25 (Sun)

立ち読みのすすめ

HTbookCoverImage.jpg

本屋さんには申し訳ないが、私は「本の立ち読み」が休日の日課のひとつに入っている。
であるから、我が家から半径五キロ以内程度の書店が私のターゲットになる。
今日は少し足を延ばして「IEON」の中の某書店で過ごすこと二時間。目的は「暇つぶし」と「情報収集」
今日目に留まったのは「残業ゼロの仕事力」なる雑誌!!
中身はご想像通り、「残業せずに効率的な仕事をする方法」みたいな一種の「指南書」である。
著者が実践して収益を上げることに成功した実例が記されていて、これは一読の価値がある。

日本の社会は「残業王国」ともいわれ、欧米からみれば奇異とさえいえる働きぶりだが、果たして残業が本当に会社に貢献しているかは甚だ疑問である・・・という著者の見方は私も正しいと思う。
「残業をしていれば頑張っている」とか「あの人がいるから帰れない」といった風習がまかり通り、過労死が社会問題になっている昨今、この雑誌は是非とも多くの人に読んでもらいたい本である。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:10  |  雑誌の話題  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2008.05.24 (Sat)

帰ってきたヒーロー

51Ybyl1qYVL__SS400_.jpg

あの「ランボー」が二十年ぶり帰ってきた!!
アメリカ映画ならではの痛快なアクションで大ヒットしたシリーズ四作目。一人戦士として敵を次々に打ち破る描写は依然健在で、61歳になったとはいえ「シルヴェスタ・スタローン」の存在感はさすがである。
舞台はいまサイクロン被災で渦中の「ミャンマー」
軍事政権が少数民族を虐殺する様を見兼ねて「ランボー」が再び立ち上がるというストーリーなのだが、そのシーンがリアルで残酷、思わず目を背けたくなる場面も・・・。
女性にはお奨めできない映像もあるのだが、ランボーが登場してからというもの、100人もの軍事政権側を相手の大活劇に大興奮。
ただし見終わった後は重苦しい気持ちにも・・・。ミャンマーでは現在もあんな悲惨な状況が続いているのだろうかと。
EDIT  |  21:52  |  映画の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.05.05 (Mon)

生きていて良かった国といえるのか?

0804kouki-logo.gif

いま、国民の最も高い関心事は? そう、あの悪名高い「後期高齢者医療制度」かも知れない

制度の詳しい内容は上記リンクを参考にして頂くとして、これはまさに「平成の姥捨て山」制度そのものである。
この制度をひと言で言ってしまえば「75歳以上の人は医療費がかさむので病院に行くのは控えてね!!」というに等しい これは政府がいくら弁解しても、厚生省の役人が言っていることだから間違いはない。

非を挙げればきりがないが、テレビなどでは触れていない大きな問題も指摘されている。
それは、この制度を導入するにあたって新たな機関が設けられており、そこに新たに1300人の天下り先が用意されていることである。
つまり、先の国会で「天下りは半分に減らします」といいながら、ちゃっかり新たな天下り先は確保しているということだ。
国民には負担増を押し付けて、役人はぬくぬくと我が世の春を謳歌するなど到底許されるものではなく、世論をあげてこの悪法を廃止に持ち込む以外、高齢者を生き地獄から救う手立てはない。

そもそも75歳以上の高齢者は戦争を体験し、耐えながら今の日本を支えてきた人々なのに、亡くなる直前まで国に尽くせというのは余りにも酷だと思うし、日本の恥でもあろう

EDIT  |  17:19  |  政治経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.05.04 (Sun)

今なぜか石原裕次郎

赤いハンカチ

ゴールデンウイーク後半初日の昨日(3日)、封切り映画に見るべき作品もなくガッカリしていた矢先、ひょんなことから石原裕次郎の「赤いハンカチ」の上映会の整理券が手に入り、早速暇つぶし感覚で見に行くことに。
昭和三十九年の作品で、当時の大ヒット映画との触れ込みながら私は「日活アクション映画」にはとんと縁がなく、裕次郎映画を見るのは多分今回が初めて。
会場にはかっての「裕次郎ファン」と思しき中高年で七割方席が埋められている。
映画が進行するにつれ若かりし「石原裕次郎」に思いを馳せ、以外にしっかりしたストーリーに感心、浅丘ルリ子の初々しさもさることながら、脇役の「二谷英明」のなかなかの好演に心の中で拍手。あの渋い演技を最近テレビなどで見かけないのはまことに残念。

肝心の「赤いハンカチ」は一度も出てこないし、キザな場面もままあるのはご愛嬌だが、この手の映画が「食わず嫌い」であったことも確か・・・かも。
明日5日はさらに昔の映画「喜びも悲しみも幾年月」が上映されるが、モノクロ映画ながらこれは「名作」とあって見逃すつもりはない。

EDIT  |  21:46  |  映画の話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.05.03 (Sat)

今が春真っ盛り

08.05.01~05.02 登別一泊の旅 041-2

今年の春はいまだかってない早さで通り過ぎようとしている。
札幌の桜の開花は例年より二週間も早く、散り急ぐ桜もあちこちに。いつもはゴールデンウイークが満開と重なるので今年はいささか様子が違う。

写真は登別から洞爺湖へ一泊旅行に出かけたおり、カフェから眺めた「洞爺湖」の一コマです。
今年はサミットが洞爺湖で開催されるとあって、心なしか桜もひときわ華やかに見えたりするのだが、行く先々での桜、桜の歓迎に久しぶりに心癒されたりもするのでした。



EDIT  |  19:59  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。