2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.11.01 (Tue)

驚異の予言 1

昨日「予告」した某月刊誌の衝撃的な内容を、今日から随時紹介したいと思います。
なお、本誌の承諾は得ていませんが、雑誌の宣伝と思ってご容赦頂きたい。
また、本特集は24ページに亘る長大な記事のため、私なりに要約し、数回にわたり紹介することとします。

★以下本文より抜粋★
「最新プラズマ宇宙論が警告
「太陽の異常活動は神話に予言された地球大激変の前兆だった

★プロローグ★


フランスとスペインの国境に位置するスペイン領、ピレネー山脈の麓、アンダイという町に、謎の文章「生命は唯一の地に逃れる」と刻まれた十字架が建っている。
それは、壮絶な人類の未来を記す「予言」だった。

それを指摘したのは、二十世紀最大にして最後の「錬金術師」フルカネリであり、その言葉は簡単に無視できない。

なぜ「生命」「逃れ」なければならないのか
それは「もう一つの太陽」が出現して「太陽」が怒り、一つの周期の終焉がもたらされる、というのだ

まさに謎のメッセージだが、実は、これと良く似た伝承が、遠くアメリカ大陸のアステカにも存在する。
それによれば、人類の歴史は四つの太陽の時代に分けられ、現在の太陽の時代の終焉が、そう遠くない未来に発生すると「予言」している。

「本稿では、その驚くべき実態を明らかにしていきたいと思う」

以下は後日・・・
スポンサーサイト
EDIT  |  22:10  |  SF推理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。