2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.11.04 (Fri)

驚異の予言 4

★第三章★

「プラズマ宇宙論によって明かされた、宇宙の姿
「そこでは、木星も土星も太陽になることが出来る
「太古の太陽系には、複数の太陽があった!!」

木星や土星は、「太陽になり損ねた惑星」といわれるが、かって、木星も土星も「太陽のように輝いていた時代もあった」という仮説も存在する。
第一章で述べたように、太陽は現在、異常なほど活発な爆発を続けている。
これは、前例のないほど莫大な電磁気エネルギーが太陽に集中していることを意味する。
また、昨年の探査機「カッシーニ」の観測によれば、土星の磁気圏が二十年前に比べて1・5倍に膨れ上がり、それによって輝きを増し、土星最大の衛星タイタンも発光を始めたことが明らかになった。
ほかにも、木星の磁場は二倍に膨張し、謎の大黒点が出現した。
更に、その衛星「イオ」では火山の噴火が相次いでいるのだ

それ以外にも、あまり知られていないが、火星も地球と同じように「温暖化」が進んでおり、すでに極地の氷冠の半分が溶解してしまった。
ところが逆に、太陽に最も近い水星では、突如として氷冠が出現している。
天王星、海王星、冥王星に至っては、大気温度の急激な上昇が確認されただけではなく、地軸の移動まで発生しているらしい。

このように、太陽系全体が現在激変の最中にあることから、温暖化の原因は「二酸化炭素」の排出という問題でないことがお分かり頂けよう。

さて、話は本誌と少し前後するが、実は太古の神話には、「天空に複数個の太陽があった」と記されている。
その神話は、日本のみならず、中国、朝鮮、シベリア、モンゴル、東南アジアなど広い範囲に及んでおり、単なる神話としては済まされない。

地球に限らず、太陽系全体にまで大きな影響を与え始めた電磁気エネルギー「プラズマ」!

そこで問題は、いったい何がそれ程まで太陽系の「電気環境の変化」をもたらすのか・・・ということだ

以下後日・・・
スポンサーサイト
EDIT  |  19:35  |  SF推理  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment

♪続きを...

早めにお願いします。むちゃくちゃ気になります!m(_ _)m
junko spears |  2005.11.04(金) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。