2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.02.13 (Mon)

灯台下暗し

20060213211838.jpg

北海道にも、厳しい環境を克服して日本一、もしくはそれに匹敵する成果を上げているものがある。

その中の一つに「じゃらん北海道発」がある

発行部数は十七万部だが、家族で回し読みした人や、行きつけの飲食店で読んだ人も「読者」に数える「雑誌閲覧率」としては驚異的な26.8%。断然の日本一である。
これは、道民四人に一人が読んでいる計算で、「地方誌としてはとてつもない数字」なのだそうだ。

ちなみに、雑誌閲覧率全国ベストファイブ5は・・・。

1位 じゃらん北海道(リクルート北海道)  26.8%
2位 九州ウォーカー(角川書店) 12.2%
3位 北海道ウォーカー(角川書店北海道) 11.5%
4位 じゃらん九州発(リクルート) 11.2%
5位 週間少年ジャンプ(集英社) 11.1%

北海道は通勤時間が短いからサラリーマンは雑誌を買わない

【More・・・】

日本の五パーセントの人口がいる北海道だが、有力週刊誌の販売部数は三パーセント

しかし、そこが「灯台下暗し」。
同誌が成功した最大の要因は、北海道の主要顧客は「道民」だと気づいたことだという。
「道民向け道内観光情報」がニーズにマッチして、圧倒的な支持を集めたのである。

大手観光ホテルの社長も「自分たちで足元の顧客に情報発信する必要性を最初に気付かせてくれたのは、じゃらんだった」と述べている。

私も、年に2~3回は同誌を購入しドライブや宿泊に利用しているが、詳細な観光情報には重宝している

スポンサーサイト
EDIT  |  22:21  |  雑誌の話題  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

Comment

♪へ~、

二位が九州ウォーカーって言うのも驚きですけど、一位の26,8%ってまたすごいですね。

九州だと、旅行する時みんな何読んでんのかな~。

junko spears |  2006.02.15(水) 06:53 |  URL |  【コメント編集】

♪ちょっと不思議

1位から4位まで、北海道の雑誌と九州の雑誌で占めているのは大変興味のあるデータです。
北の旅人 |  2006.02.15(水) 20:47 |  URL |  【コメント編集】

♪みんな

寒い時は、九州、暑い時は北海道って感じなんでしょうか。面白いですね!
junko spears |  2006.02.16(木) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。