2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.20 (Sun)

球史に残る好ゲーム

高校球児たちの暑い夏は終らなかった

第88回全国高校野球選手権大会は、息詰まる投手戦の末、引き分け再試合となった。
73年ぶり2回目の夏の大会3連覇を狙う、南北海道代表の「駒大苫小牧」と、伝統校ながら優勝経験がない「早稲田実業」の対戦である。

今大会の特徴である「打撃戦」ともいわれたが、早実の斉藤、駒苫の田中両投手共に噂にたがわぬ好投を展開、息もつかせぬ好試合となった。
結果は、1対1の引き分けに終ったが、近年まれに見る好ゲームになり、甲子園は敵味方に関係なく拍手の嵐に見舞われた

明日は雌雄を決する戦いになるだろうが、ここまでくれば駒大の3連覇が阻止されたとしても、両校に惜しみく拍手を送りたい心境である。

ちなみに、駒大のエース田中、二塁手山口、両選手は甲子園の地元兵庫県の出身なんですよね。
そんなことおくびにも出さず、母校のために真剣にプレーする選手の姿は感動ものだと思いませんか

スポンサーサイト
EDIT  |  22:16  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

はじめまして
ほんとうに好ゲームでした。
 今日の疲れは忘れて明日も好ゲームを期待します。
MIDORI |  2006.08.20(日) 23:13 |  URL |  【コメント編集】

♪コメント有難うございます

再試合もいいゲームでしたし、駒大苫小牧は負けてなおも北海道の人々に勇気を与えてくれました。

今度いつこんな機会がくるか分かりませんが、夢は見させてもらいましたので、これで十分です。
北の旅人 |  2006.08.22(火) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。