2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.11.08 (Wed)

いま教育問題がかまびすしい

いじめが原因と思われる自殺が福岡や北海道滝川で相次いだ問題や、高校の必須履修漏れ問題で教育機関が慌しい。
必須漏れに関しての原因は単に学校側の「大学受験対策」とハッキリしているので対策も解決も時間はかからない筈である。

いま対策が急がれるのは「いじめによる自殺問題」であろう。
日本中で「いじめ防止に向けた緊急集会」が開かれているようだが、これは難題である。

なぜか・・それは、いじめの定義が難しいからです。
果たして、どこまでが「からかい」で、どこからが「いじめ」なのか
そしていじめを発見したとき戒めるのは先生なのか誰なのか
更にいじめをなくする「妙案」はあるのだろうか
更にさらに、今回の連続した自殺は本当に「いじめだけ」が原因のすべてなのだろうか

【More・・・】

教育問題は根が深くとても語り尽くせないが、いじめ多発問題を「先生」の責任にしたがる今の風潮は大いに疑問がある
たかが生徒の頭をコツいだくらいで学校に押しかける父兄もいる。
満足に授業を教えられない先生がいても校長も教育委員会も口出しせず。
そして監督官庁は果たして教育現場に足を運んだことがあるのだろうか。

少なくとも私の学生時代は先生にはもっと「権威」があったし、父兄には「威厳」があった。「良い先生」もいたし「悪い先生」もいたが、私の知る限り、どんな悪たれでも先生に逆らう学生は一人として見たことがない。また学校に文句をつけに行く父兄など皆無であった。

いま学校において、先生と生徒の立場が逆転しているという話を聞くに至っては「なにをか言わんや」である。先生には教師としての「誇り」「権威」なくしてこの問題は解決しない。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:46  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。