2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.21 (Wed)

「不都合な真実」がもたらしたもの

先に紹介した映画、「不都合な真実」が引き金となって、地球温暖化問題が米国内で政治的な動きとして盛り上がってきた。
2001年に京都議定書から離脱しているあのアメリカがである。

背景には、昨年の中間選挙敗北後、温暖化対策に消極的なネオコンが一掃され、変わって多数派を占める民主党の有力大統領候補、「ヒラりー・クリントン」「オバマ」両氏らが揃って地球温暖化問題を重視していることが大きく影響している。
つまり、ブッシュ政権も温暖化防止対策を無視する状況ではなくなったということである。

民主党の前副大統領「アル・ゴア氏」が世界中で繰り返し行っているスライド講演と、いま公開中の映画「不都合な真実」が、世界中を、そして本国である米国の政治をも変えようとしている。

ゴア氏の行動はもしかしたら「地球に奇跡を起こす」かも知れない。


スポンサーサイト
EDIT  |  22:02  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

♪いいことです!

アメリカも中国も批准して、国際的にやらないと間に合わないですよね…。
junko spears |  2007.02.24(土) 12:19 |  URL |  【コメント編集】

♪雑誌も評判のようで

今、書店では「不都合な真実」が山のように積まれて関心の高さが伺われます。一時的なブームに終らずに、世界中の人々にこの真実を知ってほしいですね。
北の旅人 |  2007.02.24(土) 19:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。