2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.25 (Sun)

え~、逆ドメスティック・バイオレンス急増

 妻などが配偶者に暴力を振るう「逆ドメスティック・バイオレンス」被害に遭ったとして、昨年一年間で道に寄せられた男性からの相談が過去最多の四十二件だったことが分かった。道は、前年の五倍強と相談が激増したことを受け、女性のみが対象の一時保護を男性にも拡大しようと、施設の確保など具体的な検討に入った。道によると、男性の一時保護は国内では例がないという。<25日北海道新聞朝刊より>

その相談内容をみると「」殴る蹴るの暴力を受ける」、「物を投げつける」、「大声で怒鳴る」などなど。
なかには「妻の暴力がエスカレートし、もう家にはいられない」といって日用品を持って相談に来る男性もいるという

道は「北海道は開拓時代から男女共に対等な立場で働くなど、独自の地域性が影響しているのでは」としているが、そんな簡単な言葉で一くくりできるものでは到底ない。
女性の発言力が強くなったことに加え、働き先のない亭主が家で酒を飲んでゴロゴロしていたりする社会的背景も大きな要因に違いない。

「配偶者から暴力を受けても誰にも相談しない」という男性は実に84.4%。
お~、社会からも女性からも疎外される悲しき男たちの嘆きの声が聞こえる・・・
スポンサーサイト
EDIT  |  09:31  |  北国情報  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

Comment

♪初耳の話題です!

「逆ドメスティック・バイオレンス」被害ですか~!!

北海道で顕著なんでしょうか・・・?
こちらでは、聞いたことがありませんでした。。

独自の地域性???
>働き先のない亭主が家で酒を飲んでゴロゴロ・・・
それなら、暴力もふるいたくなりますね~~!
cyai |  2007.02.26(月) 00:08 |  URL |  【コメント編集】

♪面白い(?)話題ですね~^^

この恐妻、例の「騒音オバチャン」を想像しちゃったよ^^;
それにしても、どんなおっかない“カカア”でも、本気を出せば力は男が強いはず。それでもじっと耐えるのは、やはり言い返せない弱味でもあるのでしょう。
いや、どんな場合でもやり返したら最悪だけど…。
つぶやき姉さん |  2007.02.26(月) 04:27 |  URL |  【コメント編集】

♪情けなくも切ない気持ち

<cyaiさんへ>
私も始めて聞いた言葉ですが、その背景を考えると切なくなります。
北海道には仕事をしたくても就職できない人がたくさんいるのが現実なんです。
幸い私の周りには逆ドメの被害に遭った人は見当たりませんが・・・。

<つぶやき姉さんへ>
そうです。我が道産子の男たちは今はじっと耐えてるんです。
女の人に手を上げるのは男としてやっていけないことなので・・・。
北の旅人 |  2007.02.26(月) 20:04 |  URL |  【コメント編集】

♪北海道では

女性の方が強いんですね...。驚きです。北の旅人さんのご家庭はどうですか?奥様の方が強いですか?興味津々です。
junko spears |  2007.02.28(水) 18:44 |  URL |  【コメント編集】

♪☆junko spears☆さんへ

ご・・誤解です(汗)
特に女性が強い土地柄ではありませんが、強いて言えば「対等」が正しいかも。男と女が対等ということは、口数が多い女性が強く見えるんです・・ハイ。

我が家ですか ?
我が家も対等なので口喧嘩はほとんど毎日ですが、5分もしたら忘れることにしてます。特に私はね・・・。
そんなことの繰り返しで、ん十年も連れ添ってますよ。


北の旅人 |  2007.02.28(水) 21:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。