2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.03.25 (Sun)

花嫁さんの笑顔よ永遠なれ

20070325223031.jpg

今日、北海道神宮の近くを通ったついでに本殿へお参りに行く。
辺りにはまだ雪が残っているが、気温はプラス八度で札幌にもようやく春の気配が漂い始めた。
今日は吉日なのかこの写真の右手では一組の新郎新婦が記念撮影中。その様子を写したかったがさすがに遠慮。特に花嫁さんは「にっこにこ」でなんとも嬉しそう。
でもね~、昨日かな~、テレビでやってました。旦那が定年になってやっとのんびりと家に寛いでいると、それが奥さんのストレスの原因になって、最悪は熟年離婚まで発展するのだとか。

最近話題になってるのは離婚後の年金問題。いま熟年離婚が減っているのは、四月になれば別れた妻に最高半分の年金がもらえるようになるからといわれている
なんか寒々とする話題ですな~。あんなに嬉しそうにしている花嫁さんが、ん十年後には旦那うとましさと年金半分欲しさで「バイバイ」なんて・・・シンジラレナ~イ。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:09  |  北国情報  |  TB(1)  |  CM(7)  |  Top↑

Comment

♪北の旅人さんのお宅は...

北の旅人さんは自営業だからこの問題は関係ないですか?わたしは60過ぎても両親ともまだ働いてるから、熟年離婚とは無縁そうです...。v-12
junko spears |  2007.03.26(月) 19:03 |  URL |  【コメント編集】

♪今のところは

私もかってはサラリーマンやってましたし、うかうか出来ないかも・・・(笑)
ご両親ともですか。お元気がなによりですね。
北の旅人 |  2007.03.26(月) 19:14 |  URL |  【コメント編集】

♪こんばんわ^^

私はまだ未婚ですが、何となく熟年離婚の気持ち解かりますよ^^;
各家庭、それぞれ事情が違うでしょうけど、自分の余命を数えだす歳になると、家族の為の人生を卒業し“自分の為だけの”余生をすごしたくなるのかもしれません。勿論、そう思うまでの過程があるのでしょうけど…。
つぶやき姉さん |  2007.03.27(火) 03:25 |  URL |  【コメント編集】

♪そうでしょうか ?

私は商売がら色んな家庭を見てきましたが、男でも女でも年老いてからの一人暮らしほど寂しげなものはありません。
もちろん経済的なこともありますが、人はやはり家庭があって、家族と一緒にいることが一番幸せかと強く感じています。
北の旅人 |  2007.03.27(火) 23:01 |  URL |  【コメント編集】

たしかに最終的には子供は巣立つし夫婦のみになるわけですし、退職後は仲良く楽しんでほしいですね。
でも、熟年離婚が多いことは事実なので、たぶん時代じゃないのでしょうかね(笑)
人によると思いますが、母の世代の奥さんって、切ないくらいに家庭のため、子供のためばかりで自分のための部分が極端に少ない気がします。外国がどうなのかしらないけど、奥さんの経済力があればもっと離婚率はあがると思うので、男性がやはり変わる必要があるんじゃないのかなあ。。。とは思います。
うちは、父が母なしでは確実にやっていけないのでないですが。
peaceplusocean |  2007.03.30(金) 11:41 |  URL |  【コメント編集】

♪そうですね。

本来は家族(旦那)と最後まで連添う事が一番の幸せですよね。お金には変えられない筈です。しかし、熟年離婚を決意する程の理由には、それまでの生活の中に他人には解からない長年の我慢や苦しみがあったのでは?近くで見てきた子供が納得出来る離婚であれば、尚更そう想像します。それは当然、年金に目がくらんだ離婚ではないでしょう。新たな人生の為の資金にすぎないと思います。
単に旦那うとましさや、金に目が眩んだ程度の理由で離婚した人は、後悔と寂しさの老後になるとは思いますが…。
つぶやき姉さん |  2007.03.30(金) 13:09 |  URL |  【コメント編集】

♪たじたじ・・・汗〃

<☆peaceplusocean☆さん、こんばんは>
なるほど、時代がなせる業ですか。すなわち女性の地位が時代と共に向上した証でもありますよね。
確かに私たち世代の女性は家庭の為だけに時間を費やしてきたのは否めませんが、ただ男も家族を守るために外では七人の敵と常に戦っていることも現実なのです。
要は、お互いに相手の立場を理解し合うことが大切なんだと思います。

<つぶやき姉さん、こんばんは>
まさにおっしゃる通り。
他人同士が夫婦になって添え遂げることは並大抵の苦労ではないと思います。
ただ離婚を考えるとき、最も重要なのは自分の生活設計もさることながら、やはり子供の心の負担の大きさだと思います。

なぜなら、子供は親を選べないからです。2人しかいない両親が別れ別れになることほど子供にとって辛いことはないでしょう。

北の旅人 |  2007.03.30(金) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

熟年離婚ブーム到来!?

旦那が定年になってやっとのんびりと家に寛いでいると、それが奥さんのストレスの原因になって、最悪は熟年離婚まで発展するのだとか。 最近話題になってるのは離婚後の年金問題。いま熟年離婚が減っているのは、四月になれば別れた妻に最高半分の年金がもらえるようになる
2007/03/30(金) 13:43:07 | ニュースがキニナル女のつぶやき
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。