2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.03 (Sun)

寒中お見舞い申し上げます

今日2月3日は節分の日。街中では「豆まき」やら、誰が考えたのか「恵方巻き」がどうだのと賑わしい。
我が家は「縁起」をかつぐ家系ではないので「豆まき」もしないし、「恵方巻き」を買ってはきても「南南東」を向いて食べることもないし「一本まるごと」かぶりつくこともない。
そんな私だが、先日紹介した「ジュセリーノ・ダ・ルースの予知夢」はなぜか大変関心がある。

手始めとして、本文では紹介し切れなかったが「2008年1月末に東京一帯で大雪になり交通機関に大きな影響がでる」というのがあった。
3日遅れではあるが、今日東京一帯は稀に見る大雪に見舞われ、空陸ともに交通機関は大変なマヒ状態に陥った。はからずも彼の予言は「的中」したことになる。

このあとの大きな予言として「7月18日・フィリピンでM8.1の大地震が発生し、数千人が死亡する」というのがある。
この予言は当たらないことを祈るばかりだが、固唾を呑んで見守るだけではなく、何らかの対策を考えるのも無駄なことではない

スポンサーサイト
EDIT  |  21:36  |  巷のニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

そうだったんですか!?
ほぼ当たっているではないですか!!!
雪の影響で交通事故やけが人
交通機関の乱れなど大変そうでしたね。

そのせいか分かりませんが
午前中の駅は人が少なく
夕方はいつもの倍多かった気がしました。
toko |  2008.02.05(火) 00:29 |  URL |  【コメント編集】

♪ええ、恐いくらいです

過去の予言の的中例をみてもとても人間技とは思えません。
それと、彼の予言は私たちにとって悪影響のあることばかりなので尚更心配になります。
一つ注文をつけるとすれば、私たちにとって明るい未来も予言してほしいものです。
北の旅人 |  2008.02.05(火) 22:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。