2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.08.27 (Sat)

再考の余地は?

「駒大苫小牧」の優勝取消しなしのニュースが伝わった
これに似たケースはこれまで幾度かあったようだが、いずれも取消しまで至らず、今回も野球部長の謹慎と野球部への警告処分と決まった。

このような事件が起こるたびに考えさせられることがある。
確かにどんな事情があったにせよ「先生」による「生徒」への暴力は許されることではない。
が・・しかし・・
いつもマスコミは一方的に「先生」を悪者扱いにしてはいないだろうか
「生徒」はもしかして殴られるに値する「行為」をしたかも知れないし・・。
「生徒」はなぜ「先生」に殴られたのか、その真相が語られることはない。

殴ることの推奨はしないが、私達子供の頃は悪いことをした時、先生に怒鳴られ、時には殴られて初めて目が覚める子供がいたものだ。
私も一度だけ中学生の時、何か悪さをして先生に頭を小突かれたことを覚えている。
それ以降、もう悪さは出来ないと自分を戒めたものだ。
そんなことを通して人は事の良し悪しを理解出来るようになるのだと考えるが・・・。

最近の「親」や「先生」は子供が悪さをしても「怒らない」ことが問題になっている。
片や、子供に対する「虐待」も社会問題化し両極端の世の中だ。
「親」も「先生」も今一度「子供の教育」のあり方を考える時に来ていると思うのだが・・・。






スポンサーサイト
EDIT  |  22:15  |  スポーツ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment

♪子供のことを考える

っていってもyueは未婚ですし、子供もいませんけど。
それでも考えてます。

最近、子供とは友達みたいな関係
と言って怒り方がわからない人が増えているような気がします。
子供とは友達にはなり得ません。
親は親。
憎まれても叱ってくれるのが親。
中には躾と称して自分のうっぷんを無抵抗な子供にぶつけてしまうズレてしまった親もいますけど。

子供には可塑性が十分にあります。

子供のためを思うのなら心を鬼にして欲しい、鬼にする
と思う今日この頃です。


yue |  2005.08.28(日) 13:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。